垢抜けピックル

垢抜けたいアラサーミス・ピックルのあれやこれ

【セルフジェルネイル】シリコン型でパーツを作って立体ジェルネイルをしてみた【やり方から注意点まで】

ごきげんよう、ミス・ピックルです。

インスタグラムLIPSでも活動しています、暇なときにでも覗いてみてください。

 

さて、本日はシリコン型を使った立体ネイル(3Dネイル)の注意点をいくつかご紹介していきます。

 

私が使用したのはお花のシリコンモールド。

その他にもリボンやテディベア、カメオなど色々なデザインがあります。

やり方は全部一緒なので、お好きなシリコン型でぜひトライしてみてください。

 

 

必要なもの

  • ジェルネイルに必要なもの一式
  • 好きなシリコン型
  • フレンチ用の筆(細筆)
  • 粘度の高いパーツ用のジェル(固定・埋め込み用)

 

 道具もなしに最初から3Dネイルに挑戦する方は多分いらっしゃらないと思いますが、一応説明しておくとジェルネイルに必要なもの一式とは甘皮ケア用のプッシャーやニッパー、ベースジェル・カラージェル・トップジェルに筆、そしてライトのことです。

種類は何でも大丈夫ですので、お手持ちの道具で挑戦してみてください。

 

ちなみに私が愛用しているのはグレースガーデンのベースジェル。

トップジェルも同じ会社のものを使用しています。

サンディングいらずで結構長持ちしてくれるので、セルフネイラーの方にオススメです。

 

やり方

 基本的にはいつものジェルネイルの工程に、パーツを作るという作業が加わるだけです。

 私はほこりが付いたりしたら嫌なのでパーツは事前に作っておく派ですが、取り付ける直前に作っても問題ありません。

 

作り方は簡単で、パーツにしたい色のジェルをシリコン型に流し入れ硬化し、プッチンプリンの要領で取り出すだけとなっています。

 

全体の流れとしては

  1. パーツを作る
  2. カラージェルまでの工程を終わらせる(甘皮除去→ベース塗布硬化→カラージェル塗布硬化)
  3. パーツ用のジェルで好きな位置に仮硬化で固定する
  4. 引っ掛かったりしないようにパーツをしっかり埋め込む
  5. トップジェルを塗って硬化、完成!

 

パーツを作りさえすればあとは市販のパーツを埋め込むのと何も変わらないので、難易度は比較的簡単だと思います。

 

注意点

 特段難しい工程はないのですが、綺麗に仕上げるために気をつけなければならない点がいくつかあります。

とはいえ知っていれば防げることが多いので、これからシリコンでジェルのパーツを作るという方はぜひ参考にしてみてください。

 

固まるまで時間がかかる

 当たり前と言えば当たり前なのですが、厚みのあるパーツをしっかり硬化させるためには 普段よりも長い照射時間が必要になります。

 

 私は何も考えずに普段と同じ1分照射で固めたのですが、パーツがなんだかやわらかかったんです。それでもピンと来ずに「プニプニして気持ちいいな~」と思って触っていたのですが、しばらくしたら中からブチュッとジェルが溢れてきちゃいました。

見た目はしっかり固まって見えたんですけど…。

 

 あとそもそもカラージェルって厚く塗るとよれたりするので、厚みのあるパーツをカラージェルで作るのは良くないかもしれませんね。

 

空気が入る

ドバッと一気にジェルを型に流し込んだら、底に空気が入り込んでいました。
f:id:ms_pickle:20211014190928j:image

写真だとあまり目立ちませんが、小さい花の花びらの方に二カ所 空気の跡があります。

小さいことだけど気に食わない~。

 

何度か挑戦した結果、底に空気が入り込まないようにするには一度型全体に薄くジェルを塗ってから残りを流し込むといいという結論に落ち着きました。

二度手間になるので少し面倒ですが、空気が入り込んでお困りの方は試してみてください。

 

溢れると端が汚い

細かいデザインのパーツだと、型からジェルが溢れてしまい端にピラピラが残ってしまいます

同じ色なら目立たないかな?と思って気にせずそのまま付けてしまったのですが、近くで見るとやっぱり粗が目立つ感じがします。

薬指に付けたパーツの下部分が特に顕著ですね。

f:id:ms_pickle:20211014190938j:image

 硬化後にはさみを使って切ることもできますが、フレンチを描く用の細い筆ではみ出さないように少しずつジェルを入れるのがいいと思います。

 

端が浮く

髪がひっかかるので「あれ?」と思って見てみたら、パーツの端が浮いていました。

f:id:ms_pickle:20211014191334j:image

土台の爪は曲線でパーツは平らなので、普通に置いただけでは端が浮いてしまいます。粘度の高いジェルでしっかり間を埋めましょう。

 

 まあこれは”3Dネイルで気を付けるべきこと"というよりは、"大きめのパーツをつけるときの注意点"ですけどね。

 

強度がない

 私は最初「立体感がかわいい!」と思い上にトップジェルすら塗っていなかったのですが(なんでやねん! 笑)、そうしたらびっくりするほど簡単にパーツが欠けてしまいました

f:id:ms_pickle:20211014191348j:image

たったの2日でこんな無残な姿に…。

 

 これって見る人が見たら「そりゃそうなるよ」と思うことなのかもしれませんが、私は「カラージェルってこんなにも強度がないんだ…」とビックリしました。

マットコートなりトップジェルなりをしっかり上に塗りましょう

 

最後に

 いろいろな失敗をしていますが、おかげで気を付けるべき点がはっきりしたので怪我の功名と思うことにします(笑)

皆さんにとっても私の失敗談が役に立てば幸いです。


それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。また次の記事でお会いしましょう!

ミス・ピックル