妖怪垢抜けババァ

妖怪垢抜けババァ

垢抜けたいアラサーミス・ピックルのあれやこれ

マスクをする時のよれにくいメイク術

 杉花粉がようやく治まってきたのに、コロナのせいで依然としてマスク生活から離れられませんね。

というわけで今年は例年よりマスクをする方も多いので、今日は私のマスクを使用する際の崩れにくいメイクについて書いていきます。

 パーツごとに分けてみました。気になるところを見ていってください。

 

頬などの広い部分のカバーは思いきって捨てましょう。一番崩れないのはやはりノーファンデです。目指すは素っぴんBut Better、最小限に留めましょう。

 

 まずはとにかく保湿です。化粧水をたっぷりレイヤードしてつけます。これでもかというくらいに保湿をしましょう。

乳液を塗った後は、日焼け止めか下地を塗ります。多少トーンアップ効果のあるものを使うとよいです。私はスキンアクア トーンアップUVエッセンス 日焼け止めを使用します。

自然にトーンアップしてくれるけど、ファンデーションを塗った時みたいにマスクが汚れたりしないのでオススメです。

 

あとは気になる部分にだけコンシーラーを塗ります。気になる場所は人それぞれ違うと思いますが、できるだけ塗る量と範囲は抑え目にしましょう

固形タイプのコンシーラーの方がモチがいいので、持続力のあるコンシーラーがいい方にはこちらをオススメします。キャンメイクのカラーミキシングコンシーラーです。

なんてったってコスパがいい!私は指で一番明るい色と真ん中の色を混ぜて、手の甲に落としてから塗っていますが、よれにくくてオススメです。

 

あとは気になるところに少量ずつ塗ってください。

私の場合まずは目元のクマ。なるべくクマの境界線の部分にのみ塗って、涙袋の上には来ないようにするとよれにくいです。

あとはお顔のくすんでいる部分。鏡で見たときに、頬より暗い部分にだけ塗って顔のトーンを統一しましょう。私の場合は口元がくすんでいますが、人によって位置は違うと思うので鏡で確かめてみてください。

 

最後はパウダーでサラサラに仕上げてくださいベビーパウダーでもイニスフリーのパウダーでも、とにかくサラサラになるものなら大丈夫です。

 

鼻の黒ずみが気になる人は、指に残ったほんの少しの量のコンシーラーを塗ってください。ちょっとカバーできたかなくらいが理想です。ここは本当にすぐ崩れるので・・・

 

これは好みです。花粉症の方も目がかゆくなければ普通にいつも通りのメイクができます。

私は「他が薄いのに目だけ濃いのもアンバランスかな」という考えから、合わせて薄くしています。

人によって「これだけは譲れない!」というパーツは違うと思いますが(アイラインはいらないけどマスカラだけは!!という方もいれば逆の方もいると思うので)、自然で細めのアイラインとマスカラ、ベースに使うような薄い茶色のシャドウで終わらせると自然に仕上がります。

 

 ちなみに目がかゆい人はマスカラをせずに、透明のマスカラ下地だけを塗るのがオススメです。

カールをキープする力に優れた、繊維などの入っていない透明のものがよいです。ビューラーでまつげをグッと上げて、最低限の目力をゲットしましょう。

アイラインやシャドウはよれると汚くなるのであまりおすすめできませんが、ベース色のアイシャドウのみ塗って、アイラインも全体にひかずアウトラインのみ塗ると、崩れが目立ちにくいと思います。

 

リップ

リップは本当に人の好みによります

今の時期だとマスクを全く外さないという方もいるだろうし、そうなったら保湿のために塗る透明のリップクリームが一番です。

「何も塗らないとマスクを外した時に気になる!」という方は、色つきリップもしくは薄ピンクのティントがおすすめです。

 

マスクに色移りをさせないために、濃い色のリップは避けましょう。

 

まとめ

以上がマスクをしているときの私の化粧です。

主に花粉症でするマスク生活のせいで編み出された化粧法なのですが、今は色々な女性の役に立つかもと思い記事にしました。

本来であれば今頃花粉が収まってマスクのいらなくなる時期なのですが、まだしばらくマスク生活は続きそうですね。

マスクに自粛にと終わりが見えず不安ですが、あと少しの辛抱だと思って頑張りましょう!

 

ミスピックル