妖怪垢抜けババァ

妖怪垢抜けババァ

垢抜けたいアラサーミス・ピックルのあれやこれ

韓国人に教わるニキビパッチの正しい貼り方!【OLIVE YOUNG Care Plus Spot Patchレビュー】

結論から言いますと商品裏に書いてある方法と同じです。(早いネタバラシ)

 

そもそも私の中で長年ニキビパッチってニキビを潰す前に貼るの?潰した後に塗るの?という疑問がずっと渦巻いていまして、潰した後という意見が圧倒的に多い中それでもどっちかな~と日和っていたのは ずばり、ニキビを潰してはならないという信念のもと今まで生きてきたからでした。

でも韓国人の友人に聞いてみたらやっぱり潰した後に貼るのが正解でした

というわけで素直にニキビパッチの正しい貼り方を説明していきます。

 

 

ニキビパッチって何?どこで買えるの?

韓国ではおなじみの、ニキビの上に貼る丸いシールのこと。誤解されやすいけど元々の効能はニキビを早く治すというよりも、傷口を清潔に保ち、分泌液を吸収して傷跡が残りにくくするものです

種類も大変豊富で、最近はニキビを抑える成分を配合したニキビパッチもあるそうで、効能や粘着力、値段もさまざま。

 

韓国にいるのであればどこでも買えます。コスメショップやオリーブヤングなどのバラエティーショップはもちろん、薬局やダイソーでも取り扱っています。

日本ではネットでの取り扱いがほとんどです

 

OLIVE YOUNG Care Plus Spot Patch(オリーブヤング ケアプラス スポットパッチ)

今回は私が今使っているニキビパッチを紹介します。

商品名はオリーブヤング ケアプラス スポットパッチです。


OLIVE YOUNG Care Plus Spot Patch 42ea+42ea K-beauty Anti-blemish Spot patch

オリーブヤングが名前につくのを見てピンときた方がいらっしゃるかと思いますが、そうです。韓国コスメ好きならほとんどの方が知っているであろうあのオリーブヤングです。 いわゆる自主企画商品ですね。

オリーブヤングから出ているのだからそれはそれはいいものだろうと即決で買いました(笑)

 

一応裏面の説明部分も載せておきます。
f:id:ms_pickle:20200106134639j:image

大分意訳ですが…

傷口を洗ってから中央に貼る→ 傷口から出てくる液体のために傷口が白く膨らむ→傷が回復するとともに表皮が形成されて腫れが収まる→端っこから優しく持ち上げて剥がしてね

です!

 

内容量

パッチのサイズは二種類入っていて、

小さい方(10mm)

一枚に15パッチついているものが4シート

大きい方(12mm)

一枚に12パッチついているものが2シート
f:id:ms_pickle:20200106134603j:image

(使いかけですいません)

他のニキビパッチと比べてもかなり多めに入っている方なので、気兼ねなく使えるところが好きです。

 

貼りやすさ

このニキビパッチはめちゃくちゃ親切で貼りやすい構造になっています。なぜ貼りやすいのか説明していきます。

 

まず上にフィルムが貼ってあります。
f:id:ms_pickle:20200106134617j:image

このフィルムは「使う前からパッチが劣化して剥がれちゃってる!」なんてことを防いでくれる役割を持っているので、パッチを貼った後にまた貼りなおしておきましょう

 

 

このニキビパッチが貼りやすい秘密、それはシートの真ん中に切れ込みが入っていて剥がしやすくなっているから!
f:id:ms_pickle:20200106134629j:image

あとは貼るだけです。ね、簡単でしょ?

 

ニキビパッチは折り目が付いたり変に伸びたりするともうアウト。無理して貼ったとしてもすぐにはがれてしまうのでとってももったいない!でもこのニキビパッチは簡単に貼れるので、不器用な方にもオススメです。 

 

使ってみて感じたこと

私はこのニキビパッチを半分ほど使いきったのですが、無難で優等生的なニキビパッチという印象を受けました。

貼りやすくて多めに入っているので買って損はないと思います。

 

何かがとびぬけてよかったり劇的な効果は感じることは難しかったですが、悪い点もとくにないので、弱点のない総合的に優秀な人を選ばないニキビパッチです。

粘着力なども普通です。(粘着力が強すぎるとベタベタが残ったりするので、個人的にはこのくらいがちょうどいいかなと。)


OLIVE YOUNG Care Plus Spot Patch 42ea+42ea K-beauty Anti-blemish Spot patch

まずはニキビパッチがどんなものか試してみたい方や、不器用な方はぜひ試してみてください。

 

実際に貼ってみた

タイミングよく写真映えするニキビができたので(笑)先ほど紹介したオリーブヤング ケアプラス 傷カバースポットパッチを使って実際にニキビパッチを貼る過程を写真に収めました。

以下ニキビの写真が出てきますので苦手な方はスキップしてください!

 

 

潰してくれ~と語り掛けてきているかのように立派なニキビですね。
f:id:ms_pickle:20200106132616j:image

まずは軽く洗顔するかニキビの部分だけ洗ってください。

 

スキンケアはせずに、清潔な手もしくは綿棒などを使ってニキビを潰してください。私はもっぱら綿棒を使って潰します。
f:id:ms_pickle:20200106132627j:image

 

潰し終わったらあとはニキビパッチを貼るだけ。
f:id:ms_pickle:20200106132638j:image

あとはニキビが治るまで放置しておけばいい…といいたいところですが正直ニキビが直る前にほとんど剥がれてしまうので、剥がれたらまた貼りなおしています。

これは粘着力の強弱よりも貼る位置によるかなと思います。

体感ですが顔の中でもよく動く位置のニキビは完治するまでに何回か貼ることになりますね。

逆におでこの上らへんとか、頬の外側とかは長く留まっていてくれるんですけど。

 

どのくらい目立つ? 

いくら自然な仕上がりとはいっても、さすがに会った人には気づかれますね。一瞬で気づかれるというよりは、「…?あれ、なんかついてる…?」という疑問を生み「やっぱり何か付いてる。」となる気づかれ方が多いですが。

あとは直接何か言われなくても、目線がニキビパッチの方を向いていたりね(笑)

 

実際に会えば気づかれるとはいえ、貼ったばかりの時は写真を撮ってもあまり目立ちません。友人と出かけた際に写真を撮っていたのですが、アップにしたらこんな感じに写っていました。
f:id:ms_pickle:20200106132648j:image

(2個貼っています)

時間がたつと分泌液を吸って膨らんでくるのでさすがに結構目立ってしまうんですけどね。

 早く日本でも韓国くらいにニキビパッチが浸透して、貼っているのが当たり前くらいになればいいな~と願っております。

 

まとめ

以上ニキビパッチの貼り方から、私が今使用しているニキビパッチまで紹介してみましたが、みなさんのニキビパッチへの疑問は解消されましたか?

まだまだ日本ではなじみが薄いですが、これからどんどん浸透していくこと間違いなし!…と私は見ています。(だってニキビって全然なくならないじゃないですか 私のはもうニキビじゃなくて吹き出物ですけど!)

 

私がこの記事で使用したニキビパッチはこちらです。

 


OLIVE YOUNG Care Plus Spot Patch 42ea+42ea K-beauty Anti-blemish Spot patch

 

みなさんがどんどんニキビパッチを使うことで、ニキビパッチを使うことが普通になる世の中になることを祈りつつ、今日はこの辺りでしめたいと思います。

以上ミス・ピックルでした。